医療用スクラブやジャンパーのデザインのポイント

病院などで働く医師や看護師たちが着用しているユニフォームは様々な形がありますが、スクラブ白衣やそのうえに羽織るジャンパーなどがよく知られたものでしょう。これらのユニフォームは、特にデザインに特徴がないように感じられますが、そのようなことはありません。

スクラブ白衣をはじめ、医療用ジャンパーのメリットやデザインの特徴について紹介します。

様々ある医療用ユニフォーム

医療現場で働く医師や看護師のユニフォームとしては、丈の長く白い白衣が一般的に想像できるものです。いわゆるドクターコートと呼ばれるこの白衣も、もちろん医療用のユニフォームのひとつですが、これだけが医療現場で着用されるユニフォームではありません。

医療用のユニフォームには、様々な種類が存在しており、それぞれメリットがあります。医療現場で着用されるユニフォームは、主にドクターコートの白衣をはじめとして、スクラブ白衣やケーシー白衣、ナース用のワンピースタイプの白衣などがあげられるでしょう。

このほか、医療現場に合わせてジャンパーなどのユニフォームを用意する医療現場もあります。ワンピースタイプの白衣とドクターコートの白衣は、いずれも清潔感を意識した白を基調としており、多くの人々が想像する白衣です。

ケーシー白衣とは、半袖で丈が短い白衣のことを言います。首元は丸首となっており、前面にボタンなどはありません。丈が短いために動きやすいという特徴があります。もともとは理髪店で着用されていたユニフォームです。

スクラブ白衣とは、ケーシー白衣と似ている白衣で、丈が短く半袖です。しかし、首元はVネックとなっています。もともとは手術着として着用されていましたが、1990年代ごろアメリカの医療ドラマで着用されている姿が知られるようになってから、ユニフォームのひとつとしてよく活用されるようになりました。

このほか、緊急で屋外で医療作業をする必要がある医療従事者や訪問医療を行う医師や看護師に向けてジャンパータイプのユニフォームも作成されています。

スクラブ白衣やジャンパーのメリット

スクラブ白衣やジャンパータイプのユニフォームには、様々なメリットがあります。スクラブ白衣のメリットのひとつは、その生地の頑丈性にあります。スクラブとは「ごしごし洗う」という意味であり、その名の通り強くこすって洗ったとしても、生地が傷みにくく、何度でも着用することが可能です。

また、生地は乾きやすい素材なので、使いまわしの頻度が高くても問題ありません。デザインもゆったりとしてボタンがついていないので、すぐに着て、すぐに脱ぐことができます。医療現場は、薬品や血液・体液などによって頻繁に汚れる可能性があります。

そのような汚れが付着した際にも、素早く脱いで新しいスクラブ白衣を着用し、手早く洗うことができるという点でメリットが大きいです。動きやすいという点もスクラブ白衣のメリットのひとつです。全体的にゆったりとしているので、服が突っ張って作業を妨げるということもなければ、半袖でシンプルなつくりなので装飾がどこかに引っかかるということもありません。

作業をスムーズにこなすことができるという点がメリットといえるでしょう。ジャンパータイプのユニフォームのメリットは、やはり屋外といった寒い場所であっても温かく作業をすることができるという点です。寒さによって作業ミスを起こすということを防ぎます。

ジャンパータイプのユニフォームの多くも、そもそも汚れが付きにくく、落としやすい素材で作られています。作業で汚れがついたとしても、すぐに洗い落とすことができる点で便利です。また、ジャンパータイプのユニフォームに病院名などが大きく記してあれば、すぐに医療関係者であることを知らせることができて、周囲の人々に安心感を与えることができます。

医療用ユニフォームのデザインのスタッフに対する重要性

スクラブ白衣やジャンパーなどの医療用ユニフォームのデザインは、非常に重要です。ユニフォームは作業の妨げにならなければよいというものでもなく、スタッフの士気にも大きくかかわります。ユニフォームのメリットのひとつとして、スタッフの仕事に対する意識を切り替えるというものがあります。

ユニフォームを着用することによって、仕事を行う意識が入り、より仕事に集中することができるというものです。また、職場のスタッフ全員で同じデザインのユニフォームを着用すれば、スタッフの中で統一感や連帯感が生まれます。

医療現場での作業は、一人で行うものは少なく、チームでの作業が多いです。同じデザインのユニフォームで連帯感が増せば、スムーズに作業を行うことができるでしょう。このようにユニフォームは着用するものの意識に作用するものなので、スタッフが気に入るようなデザインにすることは非常に重要です。

着用していて気分が良くなるようなデザインのスクラブ白衣やジャンパーを選べば、それだけで作業効率も上がります。

機能面から考える医療用ユニフォームのデザイン

医療用ユニフォームは、機能性も意識してデザインを考える必要があります。医療現場は時に一刻を争うこともあるので、ユニフォームが作業の妨げとなるようなことがあってはなりません。そのような意味でスクラブ白衣は、ゆったりとした作りであるため非常に良いでしょう。

スクラブ白衣の中にも様々な種類があり、生地の伸縮性が高く速乾性があり、縫い目を減らした設計、より動きやすさを追求したスクラブ白衣もあります。そのようなスクラブ白衣を選んでもよいでしょう。また、医療行為に必要となる道具をしまうポケットの数や位置に工夫を凝らしたデザインもあります。

診療科によって必要となる医療道具は異なるので、最も使いやすい白衣を考えると作業のしやすさにつながります。

患者からの信頼感から選ぶ医療用ユニフォームのデザイン

医療用のユニフォームのデザインは、着ているスタッフ以外にも、医療施設を利用する患者に対しても大きな意味を持ちます。白衣は医師などの医療従事者の象徴のような存在です。白衣を着ている人を見るだけで、安心感を覚える患者もいます。

逆に、白衣を見ただけで医師が来たと緊張する患者、怖いと感じる幼い患者などもいます。それらの患者に対して安心感や信頼感を抱いてもらうことができるようなスクラブ白衣やジャンパーのデザインを考えることは重要です。

医療用のユニフォームは、今や白ばかりではなく、様々なカラーバリエーションがあります。子どもの多い診療科ならば、可愛らしいデザインで安心感を与えるようなデザインが良いでしょう。信頼感を与えたいのならば、落ち着いた色合いのデザインを選ぶとよいかもしれません。

また、ジャンパーは清潔感を意識したデザインにすることが良いとされています。

かっこいいユニフォームデザインにするポイント

かっこいいスクラブ白衣やジャンパーにするためのデザインのポイントはいくつかあります。ひとつは、細身ですっきりとしたデザインとすることです。体のラインに沿ったすっきりしたデザインは洗練された印象を与えます。

また、アクセントがあると引き締まって見えて、信頼感を与えることができるでしょう。このほか、有名デザイナーに依頼するという手もあります。

洗練されたデザインでいい働きを

医療現場では、スクラブ白衣やケーシー白衣、ジャンパーなどといった様々な衣服がユニフォームとして活用されています。いずれも、汚れが落としやすく、動きやすいデザインであることが重要です。また、患者からの印象を考えて、洗練されたデザインであることも必要でしょう。

洗練されたデザインの白衣を着用して、よい仕事を目指してください。

参考サイト…ユニフォームタウン … スクラブhttps://www.l-m.co.jp/scrub/